メニュー

ブログ | ぬいぐるみのOEM生産は墨田区押上の株式会社ブリスター

ブログ

WeChat

カテゴリ: その他 作成日:2019年04月23日(火)

こんにちは 担当Yです。

 

当社は仕事柄中国の会社と連絡を取る機会が非常に多いです。

 

中国とのやり取りは昔はFAXで行っていましたが、今はもちろんeメールが主流です。

 

日本国内では簡単な内容は現在はLineでやり取りをする場合も多いと思いますが、多くの方がご存知のように現在中国ではLineが使用できません。

Lineに限らずFacebookやTwitterなどのSNSも禁止されています。

 

多くの場合、世界的に使用されているSNS等に該当する中国独自のサービスがあるため、中国と連絡を取る場合はそういった「中国版 何々」と言われるいろいろなアプリを使用することになります。

 

そして「中国版Line」に該当するサービスが「微信(WeChat)」と呼ばれるサービスです。

 

images

WeChatロゴ

 

WeChatは日本語版のアプリも提供されていて、中国との仕事が多い日本人の間では、日本人同士もWeChatで連絡を取るような場合も多いです。

 

中国でのこういった規制や自国企業の保護については国際的にみればいろいろと問題な部分もあるし、人によっては面白くないと感じる方も多いと思いますが、私は現実問題として仕事上必要なので使用しています。

 

でも、正直言うとこのアプリは慣れると結構使いやすいです(笑)。

 

まだ使ったことのない方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

スカイツリータウン こいのぼりフェスティバル2019

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年04月22日(月)

こんにちは 担当Yです。

 

もう日差しが初夏の陽気になってきましたね。

先日北十間川にかかるこいのぼりのことを当ブログで書きましたが、現在北十間川以外でもスカイツリータウンのあちこちにこいのぼりが飾られています。

 

Koinobori1

スカイツリーとこいのぼり

 

これは現在スカイツリータウンで開催されている「スカイツリータウン こいのぼりフェスティバル2019」の催しの一環です。

特にスカイツリータウン4階にあるスカイアリーナには一面にこいのぼりが飾られています。

 

Koinobori3

スカイアリーナのこいのぼり

 

スカイアリーナには臨時のマーケットも開催されていて、ビールなども販売されています。

 

Koinobori4

こいのぼりの下のマーケット

 

天気の良い日にこいのぼりを眺めながら昼間からビールなんていうのも最高ですね。

 

押上グルメ ~三好弥 業平店~

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年04月18日(木)

こんにちは チキンライスが大好きな担当Yです。

 

今日は押上グルメ「三好弥 業平店」さんのご紹介です。

 

三好弥さんは関東地方のあちこちにある洋食店なのですが、チェーン店というよりはのれん分けで屋号を引き継いでいる形なので店によって料理の味や値段は異なります。

でも共通しているのはどのお店も長年営業していて懐かしいたたずまいであることです。

 

こちら三好弥業平店さんも昭和っぽい雰囲気で非常に入りやすいお店です。

 

Miyoshiya

三好弥 業平店

 

メニューはフライやソテーなど洋食系の料理が沢山あって、多くの人はそれを定食にして注文します。

 

Miyoshiya3

洋食メニュー

 

でも私がいつも注文するのはチキンライスです。

私はチキンライスが好きで、店にあると高確率で注文するのですが、この三好弥さんのチキンライスはかなり私の好みのタイプのチキンライスです。

 

Miyoshiya2

チキンライス

 

中華料理のお店で出てくるタイプのチキンライスと違って、どこか軽い感じの口当たりのいかにも洋食屋さんのチキンライスといった味わいが非常に私好みなのです。

 

最近は洋食店などではチキンライスよりもオムライスの方が人気があるように思いますが、どなたか美味しいチキンライスが食べられるお店をご存知の方がいらしたらぜひ教えていただきたいです。

御殿場桜

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年04月17日(水)

こんにちは 担当Yです。

 

今年は桜が随分と長く咲いている気がします。

 

押上周辺には案外ソメイヨシノが少なく、それ以外の色々な種類の桜が咲いており、今が満開の桜もいろいろとあります。

 

Gotenba1

御殿場桜

 

今は八重桜と御殿場桜という種類が満開になっています。

御殿場桜という品種はあまりなじみがないような気がしますが、花の形はソメイヨシノを少し大きくした感じでボリューム感があってとてもきれいです。

 

Boys be ambitious

カテゴリ: その他 作成日:2019年04月16日(火)

こんにちは 担当Yです。

 

今日、4月16日は「ボーイズビー アンビシャス デー」です。

 

これは1877年の今日、当時の札幌農学校(現在の北海道大学農学部)教頭のウイリアム・スミス・クラークが、「Boys be ambitious」の言葉を残して同校を去ったことにちなんで制定されたそうです。

Hitsujigaoka boys be

クラーク博士像(画像はWikipediaより)

 

実は私は以前学生の時に北海道大学を受験をし、残念ながら入れてもらえなかったという苦い思い出があるため、ちょっとクラーク博士には思い入れがあるのです。

 

もう私は少年と言えるような歳ではないですが、いつまでも「Boys be ambitious」の気持ちだけは持ち続けたいと思います。

スカイツリーとこいのぼり

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年04月15日(月)

こんにちは 担当Yです。

 

先週の金曜日にスカイツリータウンの前を流れる北十間川にたくさんのこいのぼりがかかりました。

 

 

写真 2019 04 15 7 48 10

北十間川とこいのぼり

 

これは4月12日から5月6日まで開催される「東京スカイツリータウン こいのぼりフェスティバル2019」の一環で掛けられたものです。

北十間川以外にもスカイツリータウン内のあちこちにこいのぼりが飾られています。

 

写真 2019 04 15 7 48 33 1

水の中にこいのぼりがいるみたい

 

おしなり橋の上からのぞくと、こいのぼりが川面に映って川の中でこいのぼりが泳いでいるように見えてとてもかわいいです。

押上グルメ ~ししまる食堂~

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年04月11日(木)

こんにちは 担当Yです。

 

今日は押上グルメ「ししまる食堂」さんのご紹介です。

 

Shishimaru 3

ししまる食堂

 

ししまる食堂さんは押上駅A1出口から2分ほどの場所にあるお店で、昼はうどん屋、夜は雰囲気のいいバーのようなお店になります。

 

Shishimaru 1

うどんの幟

 

Shishimaru 4

田舎うどん

 

昼間のうどんは非常に腰のある美味しいうどんで、看板メニューの田舎うどんにはちくわの天ぷらが付きます。

これは店名にもなっている忍者ハットリ君のししまるがちくわが大好きなことからきているようで、夜のメニューにも「ししまる」という料理名でちくわ天があります。

 

昼のうどんも大変美味しいお店なのですが、特にお勧めなのが夜で、古民家風のリラックスした雰囲気の中で手作り感のあるお酒や料理が楽しめ、ついつい通ってしまいたくなるような独特の雰囲気があるお店なのですが、実際に行ってみないとなかなか魅力が伝えづらいようなところがあります。

 

押上にいらした際はぜひ立ち寄られることをお勧めします。

 

Shishimaru 2

カウンター

 

 

 

 

 

新紙幣

カテゴリ: その他 作成日:2019年04月10日(水)

こんにちは 担当Yです。

 

今日、4月10日は元旦から数えてちょうど100日目の日です(閏年は101日)。

元旦からもう100日もたってしまったなんて信じられない気がします。

 

それはともかく、昨日我が国の紙幣が2024年に変更になることが発表されましたね。

 

新紙幣OEM

新紙幣デザイン(財務省)

 

新しいお札の肖像画は、10000円札が渋沢栄一、5000円札が津田梅子、1000円札が北里柴三郎だそうです。

 

人物はともかく、私が気に入ったのは1000円札の裏側の絵に葛飾北斎の神奈川沖浪裏を採用していることです。

以前にも書きましたが、葛飾北斎は現在の東京都墨田区の生まれで、現在墨田区では色々な場面で葛飾北斎を町おこしのモチーフとして採用しているので、区内に事務所を構える弊社としてはとても親近感があるためです。

 

まだ新紙幣のデザインはあくまでもイメージとのことですし、あと5年もあるのでどうなるかはわかりませんが、できればこのままのデザインで行ってくれたらうれしいなと思いました。

 

それにしてもずいぶん早く発表したものですね。

鳩の街

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年04月09日(火)

こんにちは 担当Yです。

 

押上から自転車で5分位のところに「鳩の街」というエリアがあります。

ここは戦後、進駐軍相手の売春宿が立ち並んでいた街で、戦後すぐにできたので平和を祈って鳩の街と名付けられたそうです。

進駐軍が去った後も日本人相手の赤線地帯としてにぎわったそうですが、現在はそういった面影はほとんど感じられません。

 

写真 2019 04 09 10 49 44

鳩の街の入口に立つアーチ

 

鳩の街は、現在は「鳩の街通り商店街」という商店街になっていて商店などが並んでいるのですが、シャッターが下りているお店も多く、活気があるとは言えない状況で、建物も老朽化したものが目立ちます。

 

写真 2019 04 09 10 51 07

現在の鳩の街通り商店街

 

そんな鳩の街ですが、近年は老朽化した古民家などをリノベーションして若い人が店をやったり、商店街としても活性化に取り組んでいるようです。

 

長い間東京に住んでいる人でも「鳩の街」という名前自体御存じない方も多いと思うのですが、私は街の成り立ちや名前の響きが好きで、時々用もないのにこの街をふらついてみたりしています。

 

 

 

花まつり

カテゴリ: その他 作成日:2019年04月08日(月)

こんにちは 担当Yです。

 

今日、4月8日は「花まつり」の日です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、花まつりはお釈迦様の誕生日を祝う行事で、灌仏会とも言います。

色々な花が咲くこの時期にお釈迦様の誕生を祝うというのはなかなか印象的な行事だと思うのですが、正直我々日本人の生活の中にそれほど浸透しているとは言い難いような気がします。

 

仏教徒の多い日本で、イエス・キリストの誕生日であるクリスマスはあれほど盛大にお祝いするのに、花まつりはそれほど盛大に行われないというのはちょっと寂しい気もします。

私が思うに、やはりクリスマスにはサンタさんが子供たちにプレゼントを配るという子供にとって実利的な面があることが、クリスマスが盛大に行われる一つの理由なのではないでしょうか?

 

花まつりにも何かそういった子供が喜ぶような行事があれば、もっとメジャーになるような気がします。

 

この際、花まつりには親が子供にぬいぐるみを配るなんていう習慣ができればいいのにと妄想している担当Yでした。

 

 

Copyright ©株式会社ブリスター All Rights Reserved. - [login]