メニュー

ブログ | ぬいぐるみのOEM生産は墨田区押上の株式会社ブリスター

ブログ

ブルーインパルス ぬいぐるみバッジ

カテゴリ: 商品紹介 作成日:2019年07月23日(火)

こんにちは 担当Yです。

 

今日は当社商品「ブルーインパルス ぬいぐるみバッジ」のご紹介です。

 

ブルーインパルスは航空自衛隊のアクロバット飛行チームで、この商品はそのブルーインパルスの機体をモチーフにしたぬいぐるみ製のバッジです。

 

Blue NUIBA

ブルーインパルス ぬいぐるみバッジ

 

ブルーインパルスは6機でチームになって飛行することが多いので、バッジを6個並べて付けるとかわいいです。

 

Blue 6

6機編隊

 

価格は1機500円(税別)です。

お面

カテゴリ: その他 作成日:2019年07月19日(金)

こんにちは 担当Yです。

 

もうすぐ夏まつりのシーズンがやってきますね。

 

お祭りと言えばやはり屋台の出店を覗くのが楽しいですよね。

そういった露天商のなかでも私が特に好きなのがお面屋さんです。

いかにも子供が欲しくなるようなキャラクターのお面をずらりと並べて待ち構えている感じがお祭りらしくていいです。

 

お面というのは特に使い道もないのになぜかほしくなる独特の雰囲気があると思います。

でも昔からお値段もそれなりにするので子供のころはなかなか買ってもらえませんでした。

そんな思い出があるため大人になっても気になってしまうのかもしれません。

 

またお祭りで売っているキャラクターのお面以外の日本の伝統芸能などで使用されるお面も、ちょっと怖いような切なくなるような感じがしてこれまた大好きです。

先日銀座三越さんに行ったときに入り口にキツネのお面の装飾がしてありました。

 

Mask

三越のお面装飾

 

キツネのお面は伝統的なお面の中でもひときわ怪しさ満点でいいですよね。

 

外国から来た観光客の方々も盛んに写真を撮っていました。

 

今度こういったお面などをモチーフにしたぬいぐるみや雑貨を企画してみようかと思います。

東京オリンピックグッズ オフィシャルショップ

カテゴリ: ぬいぐるみ 作成日:2019年07月18日(木)

こんにちは 担当Yです。

 

東京オリンピック・パラリンピックまであと1年を切りましたね。

 

現在東京スカイツリータウンには東京オリンピック・パラリンピックのグッズを販売するオフィシャルショップがオープンしています。

 

Olympic1

イーストヤード3Fのオフィシャルショップ

 

今回のオリンピック・パラリンピックの公式キャラクター「ミライトワ、ソメイティ」は白を基調としているので、ショップも全体的にすっきりとしたさわやかなイメージとなっています。

 

Olympic2

ぬいぐるみ

 

勿論ぬいぐるみも販売されています。

 

実は以前私は長野オリンピックのぬいぐるみの生産に携わったことがあったのですが、オリンピックは2週間くらいの短期間でイベントが終わってしまうため、どれくらいの数量が売れるかわからず大変苦労したことを思い出します。

実際、オリンピック期間中はぬいぐるみはほとんど売り切れの状態でした。

 

今回も大会が近づくとぬいぐるみなどの人気商品はあっという間になくなってしまうと思われるので、欲しい方は早めに購入されることをお勧めします。

そうりゅう ペンポーチ

カテゴリ: 商品紹介 作成日:2019年07月17日(水)

こんにちは 担当Yです。

 

今日は久しぶりに当社の商品紹介を紹介させていただきます。

 

Soryu pen pouch1

そうりゅう ペンポーチ

 

最近弊社商品でよくお買い上げいただいているのがこちらの「そうりゅう ペンポーチ」です。

この商品はぬいぐるみ素材を使用した潜水艦型のペンポーチで、海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦をモチーフにしています。

 

ペンなどを入れて膨らませるとより潜水艦らしい形になります。

 

カラビナが付いているのでパンツのベルトループなどに付けることもできます。

 

海上自衛隊のイベントなどにGパンからぶら下げて参加するのもマニアックな感じがしていいですよ。

 

 

 

 

 

 

ぬいぐるみの写真投稿専用アプリ

カテゴリ: ぬいぐるみ 作成日:2019年07月16日(火)

こんにちは 担当Yです。

 

自分が可愛がっているぬいぐるみを他の人にも見てもらいたいという気持ちってありますよね。

 

近年、そんなぬいぐるみを被写体にして写真を撮影する「ぬい撮り(ぬいどり)」がひそかなブームです。

写真を撮影しやすいように座りやすい形のぬいぐるみや、色々なファッションで撮影できるぬいぐるみなども発売されています。

 

先日、そんなぬい撮り写真投稿専用のアプリがリリースされました。

 

その名も「nuidol」(ヌイドル)。

 

Nuidol1

Nuidol2

nuidol ロゴとQRコード

 

スマホで自分のぬいぐるみや人形の写真を撮影して投稿すると、ぬいぐるみ好きの皆さんと交流ができる楽しいアプリです。

 

もう既にたくさんの写真が投稿されていて、見ているだけで皆さんのぬいぐるみに対する愛情が伝わってきてとても楽しいです。

 

皆さんも自慢のぬいぐるみたちの写真を投稿してみてはいかがでしょうか?

待ち遠しい梅雨明け

カテゴリ: その他 作成日:2019年07月12日(金)

こんにちは 担当Yです。

 

昨日テレビで見た天気予報では来週いっぱいはまだ梅雨空が続くとのことです。

毎年梅雨ってこんなに長かったでしたっけ?

早く梅雨が明けて夏空の下でビールが飲みたいです。

 

Skytree190712

梅雨空のスカイツリー

 

このところずっと雨続きなので自転車通勤ができずにバスで会社まで来ているのですが、なんと7月16日からそのバス路線が廃止されてしまうことになりました。(泣)

今までも90分に一本くらいしかない路線だったのですが、それでもあるのとないのとでは大違いです。

今後雨の日は家から会社まで、自転車なら20分で着くところを電車を乗り継いて45分かけてこなければなりません。

 

そんなわけでこのところ心模様も梅雨空の担当Yでした。

 

 

荒川サイクリングロード

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年07月11日(木)

こんにちは 自転車好きの担当Yです。

 

墨田区の東の端を流れる荒川には、「荒川サイクリングロード」というサイクリングロードがあります。

 

Arasai

荒川サイクリングロード

 

通称「アラサイ」と呼ばれており、多摩川の「タマサイ(多摩川サイクリングロード)」とともに東京近郊の自転車好きには大変有名な道です。

 

アラサイは荒川の河川敷が非常に広いので、タマサイに比べて開放的な雰囲気になっているのが魅力です。

 

いつもたくさんのサイクリストが自転車のトレーニングをしているので、あまり自転車好きではないような人はちょっと気後れしてしまうかもしれませんが、道幅も広くて信号もないのでとても走りやすく、ママチャリでのんびり走るのにもとても向いている道です。

 

一つ難点があるとすれば、けっこう風が強いときが多いので、追い風で調子に乗って遠くまで行ってしまい、帰りに向かい風となって非常に苦労するというようなことがあるので風向きには十分注意が必要です。

 

 

もじゃハウス

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年07月10日(水)

こんにちは 担当Yです。

 

以前好きだったテレビ番組に「空から日本を見てみよう」というのがありました。

結構視聴率も良かったようなので記憶されている方も多いのではないでしょうか?

 

その番組の中のコーナーで「もじゃハウス」というコーナーがありました。

空から街を撮影して見つけた蔦などに覆われてもじゃもじゃになった家に訪問するというコーナーです。

 

先日押上近辺を歩いていて、かなりもじゃもじゃした家を見つけたのでこの番組のことを思い出しました。

 

Moja1

Moja2

押上近くのもじゃハウス

 

どうでしょう、なかなかのもじゃもじゃっぷりなのではないでしょうか?

 

押上周辺は昔ながらの街並みが残っているため、結構こういった家を見かけます。

 

なお、蔦は壁にくっつく際に酸性の物質を分泌するので壁を傷めるという意見もあるようなのですが、全体としてみると蔦が紫外線を遮ることによる保全効果の方が高いのだそうです。

 

私もこんな家に住んでみたいです。

 

 

 

弊社夏季休暇のお知らせ

カテゴリ: お知らせ 作成日:2019年07月09日(火)

弊社以下の日程で夏季休暇とさせていただきます。

 

2019年8月10日(土)~18日(日)

 

お取引先様にはご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願いいたします。

森鴎外旧居跡

カテゴリ: 押上周辺のこと 作成日:2019年07月09日(火)

こんにちは 担当Yです。

 

今日、7月9日は文豪・森鴎外の誕生日です。

 

森鴎外は島根県津和野の生まれですが、10歳のころに上京して現在の押上駅近くの都立本所高校のあたりに住んでいました。

本所高校の前にはその旨を示す立て看板が設置されています。

 

Ougai1

鴎外住居跡を示す立て看板(画像は墨田区観光協会のサイトより)

 

ところで森鴎外の旧居跡というと、上野の鴎外荘を思い出される方も多いのではないでしょうか?

 

鴎外荘は鴎外が28歳の時に結婚した赤松登志子の持ち家で、ここで舞姫などの作品を執筆したそうです。

鴎外荘には鴎外が暮らした旧居が保存されており、舞姫の間として宴会などに使用されているとのこと。

 

水月ホテル鴎外荘のサイトを見ると非常に風情のあるたたずまいで、私も一度お邪魔してみたいなと思っています。

 

でも実は鴎外荘の近くには私が昔の会社で取引のあったお客様があり、時々謝罪などに訪れていたため、ちょっと近づくと緊張してしまうエリアでもあります。

 

そういった記憶ってなかなか消えないものですね。(笑)

 

 

 

 

Copyright ©株式会社ブリスター All Rights Reserved. - [login]